Prepar3DV4&FSX of Flight Animation

『FSXに夢中な親父のブログ』 FSX用リペイントもやってるよ。

20170627085340

P3Dv4.1 Carendo SR22 V2 CAC JA016C リペイント Movie

P3Dv4.1 Carendo SR22 V2 CAC JA016C リペイント Movie

リペイントのご希望は、メールでどうぞ!

Prepar3D v4.1アップデート

Prepar3D v4.1アップデートがリリースされましたね。

さっそくアップデート。

アップデート方法については、オール再インストールも考えましたが、クライアントのインストールのみを行うことを強く勧めていることから、クライアントのみのアップデートしました。

新機能は最新ニュースを見てもらうとして、とりわけ、バーチャルリアリティ(VR)など強化されているようです。

特に気になったのは、EZDOKカメラのワールドカメラが利用できない事象。これについては本日、バージョンアップされています。

導入の場合は、ウイルスソフトの停止及びウイルス対策の除外リストに追加します。(これ重要!)

 

さっそく東京でテスト。

私的には東京周辺シナリーはFSX時代から馴染みのある、ShigeさんとOchiさんの組み合わせが一番しっくりきていいですね。

Orbx DVDクロスグレードライセンス手続き

10月1日よりOrbx DVD Crossgradeサービスが開始されました。

Orbx DVD Crossgrade;クロスグレードライセンスとは、以前にOrbxの製品をDVDで購入している場合は、FTXC3に購入しているDVD製品が引き継がれず、インストールはもちろんのこと、バージョンアップ等のサポートも受けることができませんでした。

このDVD Crossgradeサービス手続きを行うことで、FTXC3へ引き継がれインストールや今後のサポートも受けられるというものです。

ただ、DVD一枚当り3.99AUDの費用がかかります。それでも350円程度の手数料ですので再度購入する必要がありません。

 

手続きの方法は、Orbx Homeログイン→Forums→OrbxDirect Release Announcements→DVD Crossgrade available from 1st October に詳しく記載されています。また、対象となるDVD製品も、ページの下の方に記載されています。

 

私の場合は、以前にOrbx ftx AU SP4のDVDを購入していましたので、手続きを行ってみたいと思います。

 

1.Orbx Homeからログイン

f:id:Bngx:20171003134002j:plain

 

2.アカウントをクリックし、DVD Crossgradeをクリック

f:id:Bngx:20171003133957j:plain

 

3.ライセンス購入(1製品なので1を選択、クレジットカードで決済します。)

f:id:Bngx:20171003133953j:plain

 

4.転送したいDVDについて、ドロップダウンリストが表示されますので選択します。

私の場合は、AU Australiaを選択

f:id:Bngx:20171003140531j:plain

 

5.証拠書類の提出

Choose fileをクリックして証明できる領収書や請求書等を添付して送信します。

私の場合は、SimMarketからの購入でしたので、Order Statusページをスクリーンショットしたものを添付しました。

注意;正規販売代理店から購入した適格なDVDの購入証(製品名、価格、購入日を明確に示す領収書または請求書でないといけないようです。単にDVDやケースの写真などは、受け付けないようです。

f:id:Bngx:20171003133949j:plain

 

6.承認待ち

PENDING;保留中表示になりますので2日前後待ちます。

もし、証明する資料が拒否されたり、不足している場合は連絡が届くようです。

提出すると以下の内容のメールが届きます。

f:id:Bngx:20171003134026j:plain


アカウントページは以下のように保留中表示になります。

f:id:Bngx:20171003133944j:plain

※なお、承認が却下された場合は、費用は払い戻しされるようです。

 

7.承認メール着信

DVDクロスグレード成功!というメールが届きます。私の場合は申請後、29時間で届きました。

f:id:Bngx:20171004085626j:plain

 

8.アカウントで確認

Orbx Homeからログインして、アカウントで確認すると表示されています。

f:id:Bngx:20171004085621j:plain

 

AU Australia製品アクティブ(これでFSX、P3Dへインストールが可能になります。)

f:id:Bngx:20171004085616j:plain

 

9.FTXC3を起動

FSX、P3Dv4両方にインストールが可能です。

f:id:Bngx:20171004085612j:plain

 

AU Australiaがインストール可能な状態になっています。クリックしてインストール開始します。(下図はP3Dv4での表示)

f:id:Bngx:20171004085608j:plain

 

10.インストール完了

f:id:Bngx:20171004085655j:plain

 

10.P3Dv4を起動して確認

これでまたオーストラリアが楽しめます。後は各空港のP3Dv4対応待ちですね。

f:id:Bngx:20171004085649j:plain

 

最後に

少し面倒で若干の費用は必要ですが、このような手続きをすることで過去のDVD製品を活かすことができるため、改めて買いなおす必要がないので助かりますね。

でも、DVDを正規販売代理店以外や個人など転売等で値段にかかわらず、本当にお金を払って買った人とか証明する書類が問題ですね。

DVDを持っているだけで承認できるようなシステムだといいのだけど?