Prepar3DV4/FSX of Flight Animation

『P3D/FSXに夢中な親父のブログ』 P3D/FSX用リペイントもやってるよ。

20180903115438

FS-FlightControlをiPadに繋いで楽しさ倍増!

QW787のPFDには、いろいろな情報を切り替えて表示することができます。

その中でも、空港全体の表示、タクシーウェイ及びランウェイ表示、さらに拡大するとスポット表示まで可能ですね。

この表示があるとスムーズなタクシーやランウエイ確認ができ非常に便利です。

しかし、使えるのはQW787でしかありません。

でも、そんな便利な機能をすべての航空機で利用でき、そして沢山の機能を備えた、FS-FlightControl、というソフトがあります。

これはフライトを楽しくする、便利にするなどFSに大きな価値を与えてくれる素晴らしいソフトウェアだと思います。

私も以前にFLYERことJUNさんのブログで初めて知りました。

その時から、14日間の無料トライアルを試し、最終的には手放されなくなり購入しました。SimMarket EUR 49.95、日本円で6,600円くらいですね。

 

特にお気に入りは、本体PCのIPアドレスを入力するとihoneやipadと一緒に利用できるところがいいですね。ただし、ihoneは画面が小さすぎて見難いと思います。

機能としてはあまりにも多すぎるため、HPのマニュアルを見てもらえばわかるように沢山の機能がついています。

 

私はiPadmimi4を接続して使っています。

PCモニターとipadの両方で操作できますが、基本iPadで操作します。

f:id:Bngx:20180523231253j:plain

 

スポットやタクシーウエイでも迷うことがなく、プッシュバックも簡単です。

f:id:Bngx:20180523231305j:plain

 

地図表示もマップ表示、簡素的表示、航空写真表示などの表示が可能で、自機の位置がモニターできます。

f:id:Bngx:20180523231241j:plain

 

縮小拡大で自機のポジッションが把握できます。

f:id:Bngx:20180523231717j:plain

 

Position機能では、ヘリを含むすべての航空機をダウンウィンドウ・レグなどのトラフィックパターンポジションに置いたり、さらにSIDやSTARの途中の位置に置いて、飛行を開始することができます。

f:id:Bngx:20180523231327j:plain

 

ダウンウィンドウ・レグなどのトラフィックパターンポジションはワンタッチ、SIDやSTARは位置を選択してから飛行開始できます。

f:id:Bngx:20180523231706j:plain

 

天候設定もこの画面からワンタッチで瞬時に変更することができます。

f:id:Bngx:20180523231729j:plain

 

FSスタート位置のスポットやランウエイの位置も好きな空港を選択して飛行できます。

f:id:Bngx:20180523231651j:plain

f:id:Bngx:20180523231633j:plain

 

まずは、14日間無料トライアルをお薦めします。

ソフトの値段は少し高いですが、ipadを持っている方は楽しいフライト間違いなしです。
ipad画面はできるだけ大きいものがいいと思いますが、新たに購入するとなると高いので中古品で十分だと思います。ただし、スペックは重要です。

また、iPad用のスタンドは、しっかり固定できるこの製品がお薦めです。