読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flight Simulator X of Flight Animation

『FSXに夢中な親父のブログ』 FSX用リペイントもやってるよ。

20170215155933

Ultimate Traffic 2 やりたいことシリーズ:4

FSX Ultimte Traffic 2 やりたいことシリーズ

今回は、【Ultimate Traffic 2 やりたいことシリーズ:4】ジェットスタージャパンA320(IAE)を導入したい。」です。 

 

前回のシリーズ:3と同じ様にA320の導入になる訳ですが、前回はピーチA320_CFM型をUT2にすでに設置してある機体フォルダーに組み込むという手法でした。

今回のジェットスタージャパンA320はエンジン形式がIAE型になりますので、CFM型とは機体モデルが異なるため、UT2にすでに設置してある機体フォルダーに単純には組み込むことはできません。

 

前回シリーズ:3と同じやり方としては、ピーチ機を導入したように、YS-15's Notesさん製作のジェットスタージャパン機(IAE型)を頂いて、これにマッチするIAE型のベースモデルをAVSIMなどから探して、320機体フォルダーにシリーズ:3と同じ様に組み込む方法があります。

しかし、これでは、シャークレット付きのモデルには対応できないことから、やはりシャークレットのAI機も導入したいということもあります。

 

 そこで今回は、IAE型モデルのシャークレット有りと無しの機体をそれぞれ導入してみたいと思います。

 

Webサイトから、このIAE型のA320を探すと、またまた素晴らしいAI機が公開されているサイトがあります。

このサイトで公開されているジェットスタージャパン機を導入したいと思います。

機体モデルはFAIBより導入とありますので、ここからダウンロードします。

 

この2種類の機体モデル(シャークレット有りとなし)とそれぞれに対応するジェットスタージャパン機体テクスチャーを入手して、これをUT2に組み込むという手順になります。

 

手順は、

1.上記サイトよりA320機体ベースモデルとジェットスタージャパン機テクスチャー(シャークレット有り、無しの2機種)を入手(ダウンロード)します。

 

2.各フォルダーの確認

ダウンロードした圧縮フォルダーを解凍し確認します。

最初にFAIBA320V11のフォルダーを開くと下図の通りのデータが格納されています。

始める前に、Readme!.txtは、読むようにしてください。

この中のFSXフォルダーのみを利用します。

f:id:Bngx:20161201133134j:plain

 

さらに、このFSXフォルダーを開くと下図の通りのデータが格納されています。

●EXTRAはライト等のテクスチャーが入っていますが、こちらの方はパフォーマンスに影響するようなので今回は使用しません。

●FAIB_A320_CFMは、今後導入したい場合がでてきましたら利用したいと思いますが今回は使用しません。

●FAIB_A320_IAE シャークレットなし機体なので、今回これは使用します。

●FAIB_A320_IAE_DB ダブルボギー仕様機ですので今回は使用しません。

●FAIB_A320S_IAE シャークレット付き機体なので、今回これは使用します。

●PLACE INSIDE YOUR FSX MAIN TEXTURE FOLDER 夜間用ライト等のファイルが入っていますので今回これは使用します。

f:id:Bngx:20161201133135j:plain

以上、今回使用するフォルダーは、次の3つのフォルダーを使用します。

●FAIB_A320_IAE

●FAIB_A320S_IAE

●PLACE INSIDE YOUR FSX MAIN TEXTURE FOLDER

 

次に、機体リペイントの確認をします。

FAIB A320 Jetstar Japan FSXフォルダーを開くと下図の通りのデータが格納されています。

readme.txtは、読むようにしてください。

●mippedフォルダーは解像度の高いテクスチャーが入っていますが、今回は使用しません。

f:id:Bngx:20161201141511j:plain

以上、使用するフォルダーは、texture.Jetstar.Japan(シャークレットなし)とtexture.Jetstar.Japan SL(シャークレットあり)の2つを使用します。

 

それぞれのフォルダーの中には、FAIB_A320_IAE_T.ddsファイルが1つ入っています。

今回については、ファイル名称及びファイル形式(.dds)変換等を行う必要はありません。

 

3.テクスチャーファイル名の変更

ただし、上記2つのフォルダー名をそれぞれ以下のように変更します。

texture.Jetstar Japan → texture.GK.GK.Jetstar_Japan_JA01JJ

texture.Jetstar Japan SL → texture.GK.GK.Jetstar_Japan_JA08JJ_SL

これで、2機のテクスチャーフォルダーが完成しました。

 

4.ベース機体の確認

次に、FAIB_A320_IAEのフォルダーを開くと下図の通りのデータが格納されています。

f:id:Bngx:20161201143704j:plain

 

FAIB_A320S_IAEのフォルダーを開くと下図の通りのデータが格納されています。

f:id:Bngx:20161201143705j:plain

このままの構成で使用しますが、機体モデルフォルダーの名称をそれぞれ以下のように変更します。

FAIB_A320_IAE → 320-IAE

FAIB_A320S_IAE → 320_IAE_SL

 

5.機体テクスチャーフォルダーをベース機体フォルダーに格納

3で名称変更した機体テクスチャーフォルダーtexture.GK.GK.Jetstar_Japan_JA01JJとexture.GK.GK.Jetstar_Japan_JA08JJ_SLをそれぞれのベース機体フォルダーに格納します。

下図のようになります。

f:id:Bngx:20161201200128j:plain

f:id:Bngx:20161201195300j:plain

 

6.aircrft.cfgファイルの追記

それぞれのaircrft.cfgファイルを開いて以下の情報を追記します。

(以下の内容をそのままコピーして貼り付けてください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【320_IAEに対応する追記】

 

 [fltsim.0]

title=A320-200_IAE Jetstar Japan Sharklets JA01JJ
sim=FAIB_A320
model=IAE
panel=
sound=
texture=GK.GK.Jetstar_Japan_JA01JJ
atc_airline=ORANGE LINER
atc_flight_number=
atc_parking_types=GATE
atc_parking_codes=JPP
ui_manufacturer=Ultimate Traffic 2
ui_type=Airbus A320_IAE
ui_variation=Jetstar_Japan_JA01JJ
ui_typerole=Commercial Airliner
ui_createdby=Ultimate Traffic 2 / Craig Ritchie
description=Painted by Juergen Baumbusch 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

【320S_IAEに対応する追記】

 

[fltsim.0]
title=A320-200_IAE Jetstar Japan Sharklets JA08JJ
sim=FAIB_A320
model=IAE_S
panel=
sound=
texture=GK.GK.Jetstar_Japan_JA08JJ_SL
atc_airline=ORANGE LINER
atc_flight_number=
atc_parking_types=GATE
atc_parking_codes=JPP
ui_manufacturer=Ultimate Traffic 2
ui_type=Airbus A320_IAE_SL
ui_variation=Jetstar_Japan_JA08JJ_SL
ui_typerole=Commercial Airliner
ui_createdby=Ultimate Traffic 2 / Craig Ritchie
description=Painted by Juergen Baumbusch

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※description =のところは製作者等の表記ですがそのまま使います。

 

7.UT2 Aircraftフォルダーに格納

320-IAEフォルダーと320_IAE_SLフォルダーの2つを、SimObjects→UT2 Aircraftフォルダーに下図のように格納します。

f:id:Bngx:20161201200831j:plain

 

6.夜間テクスチャーファイルの格納

1で説明した、PLACE INSIDE YOUR FSX MAIN TEXTURE FOLDERフォルダーを開いて、夜間用テクスチャーファイル(4ファイル)をFSX→Textureフォルダーの中に下図のように格納します。

今回は、IAEに関連する2ファイルが必要ですが、今後を考慮してCFM関連の2ファイルも格納しておきます。

f:id:Bngx:20161201203156j:plain

この夜間用テクスチャーは、駐機中はライト類が消灯しています。

出発前に客室が点灯し、プッシュバック時に一旦消灯し、タクシー開始時に再点灯というような流れになりますので、夜間ライトがついていないと心配はいりません。

ただし、このファイルの配置を怠ると、ライトの点灯は勿論、垂直尾翼が表示されなくなるので入れ忘れないようにしてください。

 

 7.UT2AI機として割り当てを行う。

ここでUT2を起動して、この2機をUT2に注入します。

Aircrft Repaintsを開き、UT2 Aircraft Selectionを下図のように選択し、左側のFSX Aircraft Selectionから、UT2→Airbus A320_IAEと選択すると先ほど格納した、JA01JJとJA08JJが選択できるようになります。

この2機種をそれぞれ選択し、下のリストにこの2機を表示させ、Create Repaint Listをクリックし、UT2にセーブ(注入)すると、この2機はジェットスタージャパンの運行する全フライトプランに割り振られます。

f:id:Bngx:20161201201652j:plain

 UT2を終了します。

 

8.FSXを起動して確認する。

確認はこれまでのシリーズと同じ様に、空港に行ってこの2機種が駐機していれば、拍手ですね。

f:id:Bngx:20161201204255j:plain

f:id:Bngx:20161201204257j:plain

Kagoshima Airport

 

f:id:Bngx:20161201204258j:plainf:id:Bngx:20161201204300j:plain

f:id:Bngx:20161201204301j:plain

 Narita International Airport

 

ここまで来るとUT2へのAI機導入は、無限の広がりが感じられると思います。

これまでの手法が必ずしも正当とは言えませんが、手順通り行えば必ず成功すると思います。そこからは先は、それぞれ使う人がその人のやり方でいいと思います。

コツはUT2にないAI機を導入したいとき、これをUT2に認識させるということです。

私も以前Wold of AIを利用させて頂いた頃がありましたが、その管理の煩雑さからしてこのUT2アドオンは、爽やかな気分を与えてくれる、AIトラフィックの究極的存在といえると思います。

トライしてみてください。気分が向上します。

 

 次回シリーズは、【Ultimate Traffic 2 やりたいことシリーズ:5】「787-9型機:ANAJAL機を導入したい。」です。

All Nippon Airways Boing 787-9の導入です。ついにあのスターウォーズ機があなたのFSXでもAI機として飛び回りますよ!

お楽しみに!

f:id:Bngx:20161202221857j:plain

f:id:Bngx:20161202221858j:plain

f:id:Bngx:20161202232143j:plain